筑波大学 面研究室

安心安全に攻撃データを利活用できる高信頼サイバー攻撃対策システムの実現に向けて,機械学習等を利用したマルウェア対策の研究を進めるとともに,暗号応用及びリスク評価の研究に取り組んでいます.

新着情報

  • 2017/2/23 面准教授が,招待講演「Detection of Remote Access Trojan in Cyber Attacks」を Central China Normal University で行いました.
  • 2017/2/23 面准教授が,招待講演「Methods to Detect Advanced Cyber Attacks」を China University of Geosciences で行いました.
  • 2017/2/21 面准教授が,招待講演「Towards Detection of Cyber Attacks」を Guilin University of Electronic Technology で行いました.
  • 2016/12/08 Tran, Thao Phuong さん(学外),面准教授が,論文「ELAR: Extremely Lightweight Auditing and Repairing for Cloud Security」をACSAC2016で発表しました.
  • 2016/11/29 B3の2名(金子慧海,渡邊竣)が研究室に配属されました.
  • 2016/11/17 足立大地さん(学外),面准教授が,論文「A Host-Based Detection Method of Remote Access Trojan in the Early Stage」をISPEC2016で発表しました.
  • 2016/09/29 石黒陽介さん(学外),面准教授が,論文「Privacy-Preserving Profile Matching Protocol Considering Conditions」をNSS2016で発表しました.
  • 2016/09/01 面准教授が筑波大学に着任しました.