学術論文

  1. A. Ogihara, K. Suzuki, and K. Nakai: Impact of Competition in Energy Market on Promotion of Renewables: an Agent-Based Model Approach, M.Wardaszko, et al. (Eds.) Simulation Gaming Through Times and Disciplines, Springer, 194-209, March 2021.
    DOI:10.1007/978-3-030-72132-9_18
  2. K. Suzuki, T. Shibuya, and T. Kanagawa: Effectiveness of a game-based class for interdisciplinary energy systems education in engineering courses. Sustainability Science, vol.16, pp.523-539, February 2021.
    DOI:10.1007/s11625-021-00912-3
  3. 鈴木研悟, 荻原嵐, 中井啓太: エネルギー転換政策の検討に資するゲーミング実験の設計と実践, シミュレーション&ゲーミング, 30巻1号, 23-36頁, 2020年6月.
    DOI:10.32165/jasag.30.1_23
  4. 鈴木研悟: ゲーミングを用いたエネルギーシステム教育の学習効果の評価, シミュレーション&ゲーミング, 29巻2号, 67-77頁, 2020年1月.
    DOI:10.32165/jasag.29.2_67
  5. 鈴木研悟,本城慶多: エネルギーシステム研究におけるゲーミングの役割, シミュレーション&ゲーミング, 29巻2号, 55-65頁, 2020年1月.
    DOI:10.32165/jasag.29.2_55
  6. K. Suzuki, K. Nakai, and A. Ogihara: Design of Simulation and Gaming to Promote the Energy Transition from Fossil Fuels to Renewables, R.Hamada, et al. (Eds.) Neo-Simulation and Gaming Toward Active Learning, Springer, 201-210, November 2019.
    DOI:10.1007/978-981-13-8039-6_19
  7. Y. Aoyama, Y. Tabe, R. Nozaki, K. Suzuki, T. Chikahisa, and T. Tanuma: Analysis of Water Transport inside Hydrophilic Carbon Fiber Micro-Porous Layers with High-Performance Operation in PEFC, Journal of The Electrochemical Society, vol.165, no.7, pp.F484-F491, May 2018.
    DOI:10.1149/2.0801807jes
  8. 田部豊,内山真理,嶋田遼,鈴木研悟, 近久武美: レドックスフロー電池内の活物質輸送が電流密度分布と性能に及ぼす影響解析, 日本機械学会論文集, 83巻849号, 1-11頁, 2017年5月.
    DOI:10.1299/transjsme.16-00458
  9. 赤澤眞之, 鈴木研悟, 田部豊, 近久武美: 分散協調型コジェネレーションにおける需要家選択の社会最適誘導条件解析, 日本機械学会論文集, 83巻847号, 1-13頁, 2017年3月.
    DOI:10.1299/transjsme.16-00430
  10. 鈴木研悟: 分野融合的なエネルギーシステム教育のためのゲーミング設計, シミュレーション&ゲーミング, 26巻1号, 9-19頁, 2016年6月.
    DOI:10.32165/jasag.26.1_9
  11. Y. Tabe, K. Yamada, R. Ichikawa, Y. Aoyama, K. Suzuki, and T. Chikahisa: Ice formation processes in PEM Fuel Cell catalyst layers during cold startup analyzed by Cryo-SEM, Journal of The Electrochemical Society, vol.163, no.10, pp.F1139-F1145, August 2016.
    DOI:10.1149/2.1321609jes
  12. 赤澤眞之, 鈴木研悟, 田部豊, 近久武美, コジェネレーションの分散協調ネットワーク化によるコストおよび二酸化炭素削減効果解析, 日本機械学会論文集, 82巻836号, 1-14頁, 2016年3月.
    DOI:10.1299/transjsme.15-00442
  13. Y. Aoyama, K. Suzuki, Y. Tabe, T. Chikahisa, and T. Tanuma: Water Transport and PEFC Performance with Different Interface Structure between Micro-Porous Layer and Catalyst Layer, Journal of The Electrochemical Society, vol.163, no.5, pp.F359-F366, January 2016.
    DOI:10.1149/2.0451605jes
  14. Y. Tabe, Y. Aoyama, K. Kadowaki, K. Suzuki, and T. Chikahisa: Impact of micro-porous layer on liquid water distribution at the catalyst layer interface and cell performance in a polymer electrolyte membrane fuel cell, Journal of Power Sources, vol.287, pp.422-430, August 2015.
    DOI:10.1016/j.jpowsour.2015.04.095
  15. 鈴木研悟, 中西嵩裕, 田部豊, 近久武美: 北海道における風力発電所の分散配置による出力低下リスクの低減効果解析, 日本機械学会論文集, 80巻812号, 1-14頁, 2014年4月.
    DOI:10.1299/transjsme.2014tep0092
  16. Y. Aoyama, K. Suzuki, Y. Tabe, and T. Chikahisa: Observation of water transport in the micro-porous layer of a polymer electrolyte fuel cell with a freezing method and cryo-scanning electron microscope, Electrochemistry Communications, vol.41, pp.72-75, April 2014.
    DOI:10.1016/j.elecom.2013.12.029
  17. 小宮山涼一, 鈴木研悟, 永富悠, 松尾雄司, 末広茂: 統合型エネルギー経済モデルによる 2050 年までの日本のエネルギー需給の分析, エネルギー・資源学会論文誌, 33巻2号, 34-43頁, 2012年3月.
    DOI:10.24778/jjser.33.2_34
  18. K. Suzuki, and Y. Uchiyama: Quantifying the risk of an increase in the prices of non-energy products by combining the portfolio and input-output approaches, Energy Policy, vol.38, pp.5867-5877, October 2010.
    DOI:10.1016/j.enpol.2010.05.041
  19. 鈴木研悟, 内山洋司: ポートフォリオ理論による輸入原油の価格変動リスク分析, エネルギー・資源学会誌, 29巻2号, 14-20頁, 2008年3月.
    DOI:10.24778/jjser.29.2_14

 国際会議論文

  1. K. Suzuki and R. Ishiwata: How Carbon Tax Change the Perception and Behavior of Players in a Competitive Energy Market?, The first International Association for Energy Economics Online Conference, Concurrent Session 58, 1-8, June 07-09, Paris, France, 2021 (online).
  2. A. Ogihara, K. Suzuki, and K. Nakai: Impact of Competition in Energy Market on Promotion of Renewables: an Agent-Based Model Approach, ISAGA 50th Anniversary Conference Proceedings 2019, 185-200, August 26-31, Warsaw, Poland, 2019.
  3. K. Suzuki, K. Nakai, and A. Ogihara: Design of simulation and gaming to promote the energy transition from fossil fuels to renewables, Proceedings of 2018 International Simulation and Gaming Association Conference, 242-250, July 9-13, Bangkok, Thailand, 2018.
  4. K. Suzuki, N.Takahashi, Y. Tabe, and T. Chikahisa: Effect of cost reduction in power sources on large-scale penetration of wind and solar power in Hokkaido, Proceedings of 2017 International Conference on Green Energy and Applications, 90-94, March 25-27, Singapore, Singapore, 2017.
  5. Y. Aoyama, K. Suzuki, Y. Tabe, T. Chikahisa, and T. Tanuma: Effect of hydrophilic micro-porous layer structure on microscopic water distribution and cell performance in PEFC, Electrochemical Society Transactions, vol.69, no.17, pp.743-752, Phoenix, U.S.A., October 11-15, 2015.
  6. Y. Tabe, S. Akabori, T. Hayashi, K. Suzuki, and T. Chikahisa: Analysis of cathode catalyst layer structure and oxygen transport resistance depending on fabrication condition in PEFC, Electrochemical Society Transactions, vol.69, no.17, pp.773-781, Phoenix, U.S.A., October 11-15, 2015.
  7. M. Akazawa, K. Suzuki, Y. Tabe, and T. Chikahisa: Effect of networked CHP system with grid on CO2 reduction in cold region, Proceedings of the 28th International Association for Energy Economics International Conference, Paper no.44(5), pp.1?15, Antalya, Turkey, May 24-28, 2015.
  8. Y. Tabe, T. Azuma, Y. Honjo, K. Suzuki, and T. Chikahisa: Analysis of liquid water behavior in gas diffusion layers of PEFC using Lattice Boltzman method, Proceedings of the 25th International Symposium on Transport Phenomena, Paper no.62, pp.1?6, Krabi, Thailand, November 5-7, 2014.
  9. Y. Aoyama, K. Suzuki, Y. Tabe, T. Chikahisa, and T. Tanuma: Effect of wettability of micro-porous layer on microscopic water transport phenomena in PEFC, Electrochemical Society Transactions, vol.64, no.3, pp.527-535, Cancun, Mexico, October 5-9, 2014.
  10. S. Akabori, K. Suzuki, Y. Tabe, and T. Chikahisa: Analysis of cathode catalyst layer structure and cell performance in PEFC, Electrochemical Society Transactions, vol.64, no.3, pp.305?312, Cancun, Mexico, October 5-9, 2014.
  11. K. Suzuki, D. Sato, Y. Tabe, and T. Chikahisa: Structural optimization of porous flow fields to improve water management ability of PEFC, Proceedings of the 15th International Heat Transfer Conference, Paper no.IHTC15-9116, pp.1?15, Kyoto, Japan, August 10-15, 2014.
  12. Y. Aoyama, K. Suzuki, Y. Tabe, T. Chikahisa, and T. Tanuma: Effect of interfacial structure between micro-porous layer and catalyst layer on water transport in PEFC, Electrochemical Society Transactions, vol.58, no.1, pp.1383?1390, San Francisco, U.S.A., October 27- November 1, 2013.
  13. K. Yamada, K. Suzuki, Y. Tabe, and T. Chikahisa: Analysis of ice distribution in cathode catalyst layer and shutdown mechanism at PEFC cold start, Electrochemical Society Transactions, vol.58, no.1, pp.463?471, San Francisco, U.S.A., October 27- November 1, 2013.
  14. K. Suzuki and Y. Uchiyama: Quantifying risk of energy cost volatility in demand side, Proceedings of the Second International Conference on Applied Energy, pp.1352?1361, Singapore, Singapore, April 21-23, 2010.
  15. K. Suzuki, D. Masukawa, and Y. Uchiyama: Mean-semivariance model for energy security analysis: A case study of Japanese electric utility sector, Proceedings of the First International Conference on Applied Energy, Paper no.132, pp.1?10, Hong Kong, China, January 5-7, 2009.

 その他の学会発表

  1. 石川亮我,鈴木研悟: 寒冷地方都市における多様な需要家への熱供給の経済性・環境性評価, 第40回エネルギー・資源学会研究発表会講演論文集, 91-96頁, 立命館大学, 大阪府茨木市, 2021年8月2-3日(オンライン開催).
  2. 鈴木研悟: 遠隔ゲーミング実験による炭素税の再生可能エネルギー普及効果の評価, 第25回動力・エネルギー技術シンポジウム講演論文集, C123, 北海道大学工学研究院, 北海道札幌市, 2021年7月26-27日(オンライン開催).
  3. 鈴木研悟,石綿崚平: oTreeを用いた完全遠隔ゲーミング実験の報告, 日本シミュレーション&ゲーミング学会全国大会論文集2021年春号, 24-29頁, 立命館大学,大阪府茨木市, 2021年5月29-30日(オンライン開催).
  4. 児島怜, 鈴木研悟: 電力需要減少を考慮した北海道電力システムの事業継続性分析, 第37回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス講演論文集, 491-496頁, 2021年1月26-27日(オンライン開催).
  5. 鈴木研悟,石綿崚平: ゲーミング分野における oTree 活用の構想, 日本シミュレーション&ゲーミング学会全国大会論文集2020年秋号, 76-81頁, 上越教育大学,新潟県上越市, 2020年12月5-6日(オンライン開催).
  6. 小山翼,鈴木研悟: 震災後におけるエネルギー政策課題を扱う電源選択ゲームの評価・オンライン実験による経験的学習の実践, 日本シミュレーション&ゲーミング学会全国大会論文集2020年秋号, 70-75頁, 上越教育大学,新潟県上越市, 2020年12月5-6日(オンライン開催).
  7. 鈴木研悟: ゲーミング実験を用いた再生可能エネルギー政策の評価, 日本機械学会2020 年度年次大会 講演論文集, J05307, 名古屋大学東山キャンパス, 名古屋, 2020年9月13-16日(オンライン開催).
  8. 荻原嵐, 鈴木研悟: エージェントシミュレーションを用いたエネルギー転換に対する事業者戦略の影響評価, 第36回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス講演論文集, 457-462頁, 東京大学生産技術研究所, 東京, 2020年1月28-29日.
  9. 鈴木研悟,荻原嵐,中井啓太: 多主体系としてのエネルギーシステム―ゲーミング実験の試み―, 第36回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス講演論文集, 451-456頁, 東京大学生産技術研究所, 東京, 2020年1月28-29日.
  10. 小山翼, 鈴木研悟: エネルギー政策課題の経験的学習を促す電源選択ゲームの開発, 日本シミュレーション&ゲーミング学会全国大会論文集2019年秋号, 86-89頁, 京都大学吉田キャンパス,京都, 2019年11月9-10日.
  11. 鈴木研悟: ゲーミングを用いたエネルギー環境教育の実践, 日本エネルギー環境教育学会第14回全国大会論文集, 88-89頁, 高知工科大学永国寺キャンパス, 高知, 2019年8月5-7日.
  12. 児島怜, 鈴木研悟: 電力需要減少と低炭素化が北海道の電源更新に与える影響評価, 第24回動力・エネルギー技術シンポジウム講演論文集, C231, 東京大学生産技術研究所, 東京, 2019年6月20-21日.
  13. 鈴木研悟: 教育用ゲーミングの普及に関わる課題の整理, 日本シミュレーション&ゲーミング学会全国大会論文集2019年春号, 124-125頁, 東京工業大学田町キャンパス,東京, 2019年5月25-26日.
  14. 鈴木研悟, 荻原嵐, 中井啓太: ゲーミング実験による競争的市場におけるエネルギー転換の阻害要因の分析, 日本シミュレーション&ゲーミング学会全国大会論文集2019年春号, 72-77頁, 東京工業大学田町キャンパス,東京, 2019年5月25-26日.
  15. 荻原嵐, 鈴木研悟, 中井啓太: エージェントベースシミュレーションを用いたエネルギー市場における再生可能エネルギーの促進に対する市場競争の影響の評価, 日本シミュレーション&ゲーミング学会全国大会論文集2019年春号, 66-71頁, 東京工業大学田町キャンパス,東京, 2019年5月25-26日.