P5310046 01E3001
環境総合実習
Workshop on Environmental Policy and Planning

環境科学研究科
Masters Program in Environmental Science

筑波大学 University of Tsukuba

単位 Credits: 2

実施学期 Term: 2

曜日時限 Time: 月3〜6 Mon 3-6

担当教官 Instructor:
鈴木 勉 Tsutomu Suzuki; 総B704; Email: tsutomu@risk.tsukuba.ac.jp; Office hour: 火14:30-16:30

TA Teaching Assistant:
扇谷 公輔 Kosuke Ogiya; 総B722; Email: s0323490@ipe.tsukuba.ac.jp


平成16年度成果物 Final Reports 2004

近隣センター班 「筑波研究学園都市におけるスーパーマーケットの利用状況に関する調査」 Report Presentation

平成15年度成果物 Final Reports 2003

公務員宿舎班 「計画住宅地内における民間住宅開発を見据えた住環境整備のあり方」 Report Presentation
自転車班  「研究学園都市におけるコミュニティサイクルシステムの再構築」 Report Presentation
のりのりバス班  「高齢者の余暇活動に果たすのりのりバスの役割」 Report Presentation

平成14年度成果物 Final Reports 2002

バス交通班 「筑波研究学園都市における住民の交通利用実態の解明とバス利用への転換の可能性」 Report Presentation
極相林班  「極相林を保持する寺社の分布に関する研究」 Report Presentation

平成11年度成果物 Final Reports 1999 (環境計画実習)

街路班   「ペデストリアンにおける歩行者行動特性 〜「ハレ」と「ケ」の違いに着目して〜」 Report
葛城班   「第2センター葛城に関する考察 〜商業施設の視点から〜」 Report
買物班   「つくばセンターへの買物行動におけるバス利用に関する研究」 Report

履修に関する注意 Course information

ガイダンスを下記の通り行いますので,履修生は出席願います.
日 時:2004年9月6日(月)12:15〜
場 所:理科系修士棟B226

授業概要 Course outline

環境系総合分野における修士論文作成のために必要とされる作業手順や思考過程を体得することを目的として,環境に関わる計画的・政策的課題を的確に捉え,問題の構造を解明し,解決のための方策を立案する方法を学ぶ.具体的には,筑波研究学園都市及びその周辺地域を対象に,問題発見型テーマを設定し,文献調査・野外調査・統計資料調査等を通じて問題の所在の把握および構造の分析,評価,解決のための計画・政策の立案といった一連のプロセスを修得する.
This course is designed as a practical training for acquiring how to find and analyze problems on environmental policies and planning issues. Participating students are requested to find case study topics in Tsukuba and neighboring areas, and to discuss these issues. Depending on the topics chosen, participants are divided into several working groups to study each topic.

授業内容 Course contents

  1. オリエンテーション
  2. 課題設定
  3. 班別作業
  4. 中間報告討論会,最終発表討論会
  1. Orientation
  2. Research theme selection, grouping, and research planning
  3. Group activities (including field survey, data collection, etc.)
  4. Mid-term presentation and discussion
  5. Final presentation and discussion

教科書 Textbook

特に指定しない. Not specified.

参考書 References

川喜田二郎(1967): 発想法,中央公論社.
日本建築学会編(1987): 建築・都市計画のための調査・分析手法,井上書院.
佐藤郁哉(1992): フィールドワーク,新曜社.
筑波研究学園都市関係資料.
その他,必要に応じて随時指定する.

成績評価基準 Mark

出席状況,発表内容にて評価する.
Evaluation will be based upon participation and presentations.

Last updated September 3, 2004 Page maintained by Tsutomu Suzuki