研究室配属希望者へ

 エネルギーリスク研究室へ配属を希望される工学システム学類3年生、及び高専専攻科や他大学の方々は,以下のアドレスまでご連絡ください.

kengo(at)risk.tsukuba.ac.jp((at)をアットマークへ変えてください)

 研究の進め方

 エネルギーリスク研究室の研究テーマは,伝統的な工学の知識に加え,経済・環境・政策・心理等,幅広い知識を必要とします.研究室配属後はまず,与えられたテーマに関係する基礎的な文献を読みながら研究に必要な知識を学んでもらいます.同時に,研究に用いるプログラムやデータベースを構築し,研究に必要な環境を整えてもらいます.それらがある程度進んだ時点でシミュレーションや実験に進み,教員との討論を通じて研究成果をまとめていきます.

 教員との研究打合せは原則週1回行います.3週間に1回は,岡島先生の新エネルギーシステム研究室と合同の打合せとなります.それとは別に,岡島研と合同のゼミが週1回あります.ゼミの内容は,先行研究の講読や自身の研究発表になります

 学会

 学外での積極的な発表を推奨します.国内であればエネルギー・資源学会,日本エネルギー学会,日本シミュレーション&ゲーミング学会等,海外であればInternational Association for Energy Economics(IAEE), International Simulation And Gaming Association (ISAGA)等が候補です.